夏の胃に良い食品

スポンサードリンク

夏の食品が胃に負担

日々の暮らしに役立つ情報を集めています。!
お得情報、観光情報、子供の過ごし方など毎日楽しく暮らしたいですね。


スポンサードリンク

猛暑が予想される、この夏、節電も意識して健康的な生活を心がけたいものですね。
暑さが厳しいこの夏は、冷たい食べ物で暑さしのぎ対策が、テレビ番組などで見かけます。

 

猛暑、節約、節電と言う事を前提に、食品各社、新商品の販売や新しい食べ方の提案に乗りだしているとか。

 

でも、冷たい食べ物や冷たい飲み物を、この夏!ガンガン摂取するのは、かなり胃に負担が掛かってしまいます。
専門家は冷たい食品の摂取の仕方について、栄養価が高く、消化の良いものを適度に摂取と勧めている。

 

猛暑が続くと、どうしても食欲が落ちてしまいます。
その訳は、血液の温度が上昇し、脳の摂食中枢が抑制されるためと言うことでした。

 

夏バテの原因は、暑いので、水分を大量に取るため胃液が薄まり、消化能力が落ちるから。
胃も膨れてほかのものが食べられず、スタミナ不足に陥って夏バテになりやすい。

 

猛暑を乗り切るには、栄養があって消化の良い食品を、いかに食卓に出すか?
家族の健康を考慮して、食欲がわくように冷やした食品を摂取することで、栄養が補給できると言う事です。

 

冷たいものを、一度にたくさん食べると、冷えすぎて胃の血流が悪くなり、
消化能力が低下することがあるので、主婦が頭を悩ますところですね。

 

家族の健康を考えたら、涼しく冷たく感じる盛り付けが必要となりそうです。
100円ショップなどで、涼アイテムを購入して、食卓に出す際に工夫するのもアイデア。

 

基本ですが、子供には、食前に甘い食品や飲み物は控えて、冷たいものの摂りすぎに注意したいものですね。

 

沢山の夏野菜がタップリ摂れるラタトゥイユがお勧めです。簡単ラタトゥイユレシピ

 

 

夏の胃に良い食品

猛暑時に、特に必要な栄養素は、発汗で失われる塩分やカルシウム、鉄などのミネラル。
エネルギー源となる炭水化物と、エネルギー代謝に必要なビタミンB1、B2、スタミナ源のタンパク質。

 

昨年ブームとなった蒸野菜を、食べる時に冷たく見せる!
豚肉は、ビタミンB1が豊富なので、野菜と一緒に摂りいれるとグッド。

 

夏の暑い時期に、食欲増進になる酢を利用すると、体が喜びますね。
ポン酢や、酢を使ったオリジナルドレッシングやソース。
梅干しを細かくして、食欲の出る赤で彩り良くするのもアイデア。

 

夏の定番のそうめんは、具を考慮して、彩り良く盛り付けたいものです。
スタミナアップの長芋や、オクラのヌルヌル系を旨く取り入れるのも手ですね。

 

長芋や、オクラ以外に、納豆、もずく、モロヘイヤなどもお勧め。

 

子供が好む食材を中心に、ヌルヌル食材の上にのせるなどどうでしょうか?

スポンサードリンク

夏の胃に良い食品関連エントリー

夏バテ対策予防料理
猛暑が続くと夏ばて対策が必要になります。夏バテを予防するには、暑さから体力を守る食材が必要になりますね。夏バテの症状や原因なども考慮して体の異変に注意していきましょう!ネバネバ製品や豚肉、夏野菜など上手に利用して夏を乗り越えたいものです。
カビ対策で病気を防ぐ
湿気が多い時期には、カビ対策に力を入れ、注意が必要です。カビから発症するトリコスポロン菌を吸い込み、肺に重大な病気やカビを餌にするコナヒョウヒダニによるアレルギー反応のアナフィラキシニーショックなど危険な症状に至るケースが多いそうです。日頃から熱湯やカビ対策グッズを利用して、清潔を心がけていきたいものです。
夏の野菜の保存方法
猛暑が続く夏は、野菜の保存方法の見直しが大事ですね。特にこの夏は、節電を意識し生活をしていくので、昔ながらの野菜の保存方法を思い出して、暮らしに役立てたいものです。漬物や干し野菜(ドライ野菜)、冷凍やさいなどの備忘録です。
子供が野球で熱中症体験
子供の野球の練習での熱中症も、年々増加しているそうです。猛暑時、炎天下での運動量の考慮、正しい知識、熱中症時の正しい処置など、野球をする子供達、指導者、親が身につけて、野球の練習に取り組んでもらいたいものです。
はなまる熱中症情報
猛暑と節電の影響で、熱中症の方が多く搬送されているそうです。このような状況の中で、はなまるマーケットは、熱中症特集を放送してくれました。日頃から熱中症対策を心がけて暑さに乗り越えて過ごしていきたいものです。
ペットボトル症候群
猛暑が続く中、節電をこころがけ、熱中症が心配されると共に、ペットボトル症候群も注意が必要とされています。夏ばてとよく似た症状ですが、意外に知られていないので子供にも呼びかけていきたいですね。
野球での熱中症対策
野球場での熱中症対策には、水分補給だけでなく塩分も必要です。水分だけですと、血液の塩分濃度が低くなってしまい、熱中症の症状のひとつの熱性けいれんをおこしやすくなります。塩飴や梅干しなどの持参で注意が必要。
手足口病に子供が体験
夏に流行すると言われている手足口病に子供が体験したようすを記録!比較的軽いといわれている手足口病ですが、合併症など重症化するケースもありますので注意が必要です。症状や食事、子供のようすなど参考にして下さいね。
りんご病に子供が体験
りんご病は、春から初夏に多い子供に多い病気で、頬が赤くなる病気です。息子がりんご病にかかった時の体験やようすをまとめてみました。症状は様々かも知れませんが参考にどうぞ!