夏バテ対策予防料理

スポンサードリンク

夏バテ料理レシピ

日々の暮らしに役立つ情報を集めています。!
お得情報、観光情報、子供の過ごし方など毎日楽しく暮らしたいですね。


スポンサードリンク

夏バテに摂りたい食事、料理レシピについて!!

 

猛暑が続くと、食欲が落ちて夏バテをおこすと言う心配があります。

 

夏バテしないよう、普段のお料理レシピを工夫して栄養管理に気をつけたいものです。
家庭の食事管理を預かる主婦は、夏ばて対策の料理作りが大変ですね。
食欲のなくなるこの時期は、マンネリ料理から工夫料理へとアイデアも必要ですね。

 

食欲が低下するこの夏は、食卓の一品を冷たく冷やすのも手です。
(冷たいお料理ばかりだと、体を冷やすので胃に良くないそうです。)

 

夏バテに良いレシピを集める事も主婦にとって大事になりそう。

 

まず、夏ばてに良いと言われている食品は、ネバネバ食品。
納豆やモロヘイヤ、オクラ、山芋などが代表ですね。
そうめんなどの具にしたいものです。

 

夏バテに良いと言われているビタミンB1の豊富な豚肉やうなぎ!
冷シャブや、サラダ、メインの食事に摂り入れたいです。

 

野菜をタップリ使ったお料理なども必要になります。

 

夏野菜をタップリ煮込み栄養を凝縮させたラタトゥイユレシピ

 

冷汁なども、暑い季節にピッタリのお料理です。

 

忙しい毎日ですが、煮込み料理は、自分の休日の低温の時に作りたいですね。
台所の温度、湿度による熱中症には注意したいものです。

 

夏バテ原因症状

夏バテは、暑さの為に食欲が落ちてしまったり、水分の摂り過ぎで、
胃や内臓の機能が低下しておきるそうです。

 

夏バテの症状は、体がだるい、イライラ、頭痛、むくみ、下痢や便秘、無気力、
微熱があるなど、重病とは言えない症状が続きますが、夏ばてを我慢していると、
熱中症や大きな病気の要因になってしまうので、注意が必要です。

 

夏ばての原因は、睡眠、適度な運動、食事栄養、ストレスなど、普段から心がける事が大事です。
又、夏の暑さは勿論ですが、湿度が大きな要因になるそうです。

 

特に、食欲が落ちる猛暑は、食事バランスに気をつけ、夏バテしないような栄養源を摂取していきたいものですね。
夏バテに良い、疲労回復効果がある栄養は、ビタミンB1、ビタミンC、クエン酸、
アリシンを多く含む食品を心がけてとりたいものです。

スポンサードリンク

夏バテ対策予防料理関連エントリー

夏の胃に良い食品
猛暑が予想されるこの夏!冷たい食品ばかり食べていると胃に負担が生じますね。夏の栄養と食欲増進の工夫をして、厳しい暑さから健康に気をつけていきたいものです。野菜をタップリ凝縮させた料理やネバネバ食品、盛り付けの工夫で夏ばてを乗り越えましょう
カビ対策で病気を防ぐ
湿気が多い時期には、カビ対策に力を入れ、注意が必要です。カビから発症するトリコスポロン菌を吸い込み、肺に重大な病気やカビを餌にするコナヒョウヒダニによるアレルギー反応のアナフィラキシニーショックなど危険な症状に至るケースが多いそうです。日頃から熱湯やカビ対策グッズを利用して、清潔を心がけていきたいものです。
夏の野菜の保存方法
猛暑が続く夏は、野菜の保存方法の見直しが大事ですね。特にこの夏は、節電を意識し生活をしていくので、昔ながらの野菜の保存方法を思い出して、暮らしに役立てたいものです。漬物や干し野菜(ドライ野菜)、冷凍やさいなどの備忘録です。
子供が野球で熱中症体験
子供の野球の練習での熱中症も、年々増加しているそうです。猛暑時、炎天下での運動量の考慮、正しい知識、熱中症時の正しい処置など、野球をする子供達、指導者、親が身につけて、野球の練習に取り組んでもらいたいものです。
はなまる熱中症情報
猛暑と節電の影響で、熱中症の方が多く搬送されているそうです。このような状況の中で、はなまるマーケットは、熱中症特集を放送してくれました。日頃から熱中症対策を心がけて暑さに乗り越えて過ごしていきたいものです。
ペットボトル症候群
猛暑が続く中、節電をこころがけ、熱中症が心配されると共に、ペットボトル症候群も注意が必要とされています。夏ばてとよく似た症状ですが、意外に知られていないので子供にも呼びかけていきたいですね。
野球での熱中症対策
野球場での熱中症対策には、水分補給だけでなく塩分も必要です。水分だけですと、血液の塩分濃度が低くなってしまい、熱中症の症状のひとつの熱性けいれんをおこしやすくなります。塩飴や梅干しなどの持参で注意が必要。
手足口病に子供が体験
夏に流行すると言われている手足口病に子供が体験したようすを記録!比較的軽いといわれている手足口病ですが、合併症など重症化するケースもありますので注意が必要です。症状や食事、子供のようすなど参考にして下さいね。
りんご病に子供が体験
りんご病は、春から初夏に多い子供に多い病気で、頬が赤くなる病気です。息子がりんご病にかかった時の体験やようすをまとめてみました。症状は様々かも知れませんが参考にどうぞ!