カビ対策で病気を防ぐ

スポンサードリンク

カビ対策で病気を防ぐ

日々の暮らしに役立つ情報を集めています。!
お得情報、観光情報、子供の過ごし方など毎日楽しく暮らしたいですね。


スポンサードリンク

梅雨時から、湿気が多くなる夏は、カビ対策が必要ですね。
カビは様々な病気を引き起こす怖い存在です。

 

カビの多い場所と言うと、お風呂がダントツですが、洗面所、トイレ、台所など水周りも注意したいですね。

 

寝室では、クローゼットやベットマット、カーテンなどもカビが生える場合があります。
睡眠中にカビを吸い込むと言う事は、人体に危険をおよぼすので、カビを除去していきたいですね。

 

カビの種類の中には、肺炎になり生命の危険をおこす事もあるそうです。
カビを食べるダニが重大な病気の要因になると最近、注目されているそうです。

肺の病気に注意!トリコスポロン菌

カビの一種のトリコスポロンが、引き起こす怖い病気があるそうです。
この病気は、夏風邪に似た症状で、初期の段階では、発熱や倦怠感があるそうです。

 

ひどい息切れをおこし、肺繊維症と言う、肺が繊維化して呼吸できなくなる病気を併発して死亡に至る事もあるそうです。
トリコスポロンは、湿気が多い建物に生存しやすく、特に木造など木の腐った場所に繁殖し、
天井裏や壁紙の裏などに繁殖するそうです。

 

特に木製のキッチンの水周りや木製の浴室と脱水所のドアなど、カーペット、畳、寝具などに生えやすいそうです。

 

トリスコスポロンを防ぐには、換気や木製品の湿気を防ぐように換気を注意する事が必要とされています。
夏型過敏性肺炎の症状を感じた時には、内科を受診し、検査をしてもらうと良いそうです。

小麦粉アレルギーとコナヒョウヒダニ

コナヒョウヒダニと言うダニがアレルギーの要因になっているそうです。

 

カビを栄養源にして繁殖するコナヒョウヒダニ!
お好み焼きの粉や小麦粉に侵入して、人体の口に入ると
呼吸困難などの強いアレルギー反応がおきる場合があるそうです。

 

最近まで、小麦粉アレルギーと考えられていた方でも
コナヒョウヒダニなどのチリダニ類やコナダニ類の侵入によりおきたダニアレルギー反応の可能性もあるそうです。

 

カビの多い台所や水周り近辺に、封を開けた粉類を置かない事が大事です。
小麦粉類の封を開けた場合には、冷蔵庫での保管、保存をする事を心がけたいものです。

カビ対策には熱湯!

カビ対策には、様々なグッズがありますが、梅雨時や湿気の多い夏は勿論!
普段からコツコツとカビ対策に心かけていきたいものですね。

 

お風呂のカビ退治:週に1度で良いので、45度以上のお湯を浴槽にまんべんなくかける事が大事!
梅雨時には、出来るだけ部屋干しを避けて、室内のカビの発生を防止した方が良いそうです。

 

キッチンのカビ対策は、酢をかけて、45度以上のお湯をかけると、カビも細菌も退治する事ができるそうです。

 

押入れやクローゼットのカビ対策は、プラスチックのすのこを使い、木製のすのこは避けた方が無難と言う事でした。
下段の方が湿気をおびるので、普段、頻繁に使うものを下段に置いた方が良いそうです。

 

エアコンの内部に生えたカビ対策には、運転開始後10分間送風運転をして、
2箇所窓を開けると、エアコン内部のカビは10分で放出されるそうです。

 

(NHKあさイチ〜)

スポンサードリンク

カビ対策で病気を防ぐ関連エントリー

夏の胃に良い食品
猛暑が予想されるこの夏!冷たい食品ばかり食べていると胃に負担が生じますね。夏の栄養と食欲増進の工夫をして、厳しい暑さから健康に気をつけていきたいものです。野菜をタップリ凝縮させた料理やネバネバ食品、盛り付けの工夫で夏ばてを乗り越えましょう
夏バテ対策予防料理
猛暑が続くと夏ばて対策が必要になります。夏バテを予防するには、暑さから体力を守る食材が必要になりますね。夏バテの症状や原因なども考慮して体の異変に注意していきましょう!ネバネバ製品や豚肉、夏野菜など上手に利用して夏を乗り越えたいものです。
夏の野菜の保存方法
猛暑が続く夏は、野菜の保存方法の見直しが大事ですね。特にこの夏は、節電を意識し生活をしていくので、昔ながらの野菜の保存方法を思い出して、暮らしに役立てたいものです。漬物や干し野菜(ドライ野菜)、冷凍やさいなどの備忘録です。
子供が野球で熱中症体験
子供の野球の練習での熱中症も、年々増加しているそうです。猛暑時、炎天下での運動量の考慮、正しい知識、熱中症時の正しい処置など、野球をする子供達、指導者、親が身につけて、野球の練習に取り組んでもらいたいものです。
はなまる熱中症情報
猛暑と節電の影響で、熱中症の方が多く搬送されているそうです。このような状況の中で、はなまるマーケットは、熱中症特集を放送してくれました。日頃から熱中症対策を心がけて暑さに乗り越えて過ごしていきたいものです。
ペットボトル症候群
猛暑が続く中、節電をこころがけ、熱中症が心配されると共に、ペットボトル症候群も注意が必要とされています。夏ばてとよく似た症状ですが、意外に知られていないので子供にも呼びかけていきたいですね。
野球での熱中症対策
野球場での熱中症対策には、水分補給だけでなく塩分も必要です。水分だけですと、血液の塩分濃度が低くなってしまい、熱中症の症状のひとつの熱性けいれんをおこしやすくなります。塩飴や梅干しなどの持参で注意が必要。
手足口病に子供が体験
夏に流行すると言われている手足口病に子供が体験したようすを記録!比較的軽いといわれている手足口病ですが、合併症など重症化するケースもありますので注意が必要です。症状や食事、子供のようすなど参考にして下さいね。
りんご病に子供が体験
りんご病は、春から初夏に多い子供に多い病気で、頬が赤くなる病気です。息子がりんご病にかかった時の体験やようすをまとめてみました。症状は様々かも知れませんが参考にどうぞ!