ペットボトル症候群

スポンサードリンク

ペットボトル飲料水の注意!ペットボトル症候群

日々の暮らしに役立つ情報を集めています。!
お得情報、観光情報、子供の過ごし方など毎日楽しく暮らしたいですね。


スポンサードリンク

猛暑が続いてますね。熱中症予防の為、外出先で水分補給する事が多いです。
そこで、水分補給で注意したいのが「ペットボトル症候群」。

 

暑さ対策や熱中症対策の為の飲料水ですが、選び方に注意していきたいものです。
今年は、熱中症患者が3倍とニュースなどで発表されています。

 

水分補給を心がけて、ついついペットボトルを購入する機会が増えがち。
コンビ二や自動販売機で、飲料水を購入する際、糖分チェックが必要。
体がだるい、倦怠感など、夏ばてかと思いきや、ペットボトル症候群と言う事も!!

 

熱中症予防に適しているといわれているスポーツドリンク等も糖分が多いです。
薄めて飲むと言う事や、お茶、水、又は水にレモンを絞るなど
大人も子供も、猛暑時の水分補給対策に気を配りたいですね。

 

特に子供の場合は、1日の糖分摂取量が少なく20g程度と言う事です。

 

ペットボトル症候群とは

ペットボトル症候群は、糖分の多い清涼飲料水を大量に飲み続けると、急激に血糖値が上昇。
血糖値が上昇すると、血糖値を一定に保つホルモンのインスリンの働きが一時的に低下。

 

インスリンが欠乏すると、ブドウ糖をエネルギーとして使えなくなり脂肪などを分解。
その際にケント体と呼ばれる代謝成分が増えて血液が酸性に傾くそうです。
血液が極端に酸性になるケトアシドーシスになり・・。
この症状がひどくなると、意識障害や失神などの心配もあるそうです。

 

意識がもうろうとしたり、倦怠感を感じる場合、特に注意が必要ですね。
このような状態を、ペットボトル症候群と言うそうです。

 

若い年齢層の患者が、年々増えているそうです。

ペットボトル症候群の症状

ペットボトル症候群の症状は、夏バテに似ているの勘違いしがちです。
意識がもうろうとしたり、倦怠感、昏睡状態に陥る事があるそうです。

 

最近では、若い年齢層の患者が、年々増えているそうです。
特に、肥満の男性が多いと言われているようです。

ペットボトル症候群にならない為

ペットボトル症候群にならない為には、飲料水の糖分にチェックが必要です。
ポカリスエットやスポーツ飲料水も糖分が入ってる場合があります。

 

カロリーオフやカロリーカットの飲料水の表示にも注意が必要です。
エネルギーの表示なのか、糖分をカットしているのか?
飲料水の表示を確認して、子供も大人も摂取していきたいものです。

 

水や麦茶を飲んでいるのが心配なくて良いですね。
どうしてもジュースを飲みたい場合などは、100%果汁で糖分なしのもの。
やっぱり、飲料水の表示を確認する事が大事ですね。

スポンサードリンク

ペットボトル症候群関連エントリー

夏の胃に良い食品
猛暑が予想されるこの夏!冷たい食品ばかり食べていると胃に負担が生じますね。夏の栄養と食欲増進の工夫をして、厳しい暑さから健康に気をつけていきたいものです。野菜をタップリ凝縮させた料理やネバネバ食品、盛り付けの工夫で夏ばてを乗り越えましょう
夏バテ対策予防料理
猛暑が続くと夏ばて対策が必要になります。夏バテを予防するには、暑さから体力を守る食材が必要になりますね。夏バテの症状や原因なども考慮して体の異変に注意していきましょう!ネバネバ製品や豚肉、夏野菜など上手に利用して夏を乗り越えたいものです。
カビ対策で病気を防ぐ
湿気が多い時期には、カビ対策に力を入れ、注意が必要です。カビから発症するトリコスポロン菌を吸い込み、肺に重大な病気やカビを餌にするコナヒョウヒダニによるアレルギー反応のアナフィラキシニーショックなど危険な症状に至るケースが多いそうです。日頃から熱湯やカビ対策グッズを利用して、清潔を心がけていきたいものです。
夏の野菜の保存方法
猛暑が続く夏は、野菜の保存方法の見直しが大事ですね。特にこの夏は、節電を意識し生活をしていくので、昔ながらの野菜の保存方法を思い出して、暮らしに役立てたいものです。漬物や干し野菜(ドライ野菜)、冷凍やさいなどの備忘録です。
子供が野球で熱中症体験
子供の野球の練習での熱中症も、年々増加しているそうです。猛暑時、炎天下での運動量の考慮、正しい知識、熱中症時の正しい処置など、野球をする子供達、指導者、親が身につけて、野球の練習に取り組んでもらいたいものです。
はなまる熱中症情報
猛暑と節電の影響で、熱中症の方が多く搬送されているそうです。このような状況の中で、はなまるマーケットは、熱中症特集を放送してくれました。日頃から熱中症対策を心がけて暑さに乗り越えて過ごしていきたいものです。
野球での熱中症対策
野球場での熱中症対策には、水分補給だけでなく塩分も必要です。水分だけですと、血液の塩分濃度が低くなってしまい、熱中症の症状のひとつの熱性けいれんをおこしやすくなります。塩飴や梅干しなどの持参で注意が必要。
手足口病に子供が体験
夏に流行すると言われている手足口病に子供が体験したようすを記録!比較的軽いといわれている手足口病ですが、合併症など重症化するケースもありますので注意が必要です。症状や食事、子供のようすなど参考にして下さいね。
りんご病に子供が体験
りんご病は、春から初夏に多い子供に多い病気で、頬が赤くなる病気です。息子がりんご病にかかった時の体験やようすをまとめてみました。症状は様々かも知れませんが参考にどうぞ!