手足口病に子供が体験

スポンサードリンク

夏に多い手足口病

日々の暮らしに役立つ情報を集めています。!
お得情報、観光情報、子供の過ごし方など毎日楽しく暮らしたいですね。


スポンサードリンク

夏に子供がかかりやすい病気に、手足口病と言う病気がありますね。
手足口病は、乳幼児が掛かりやすい夏に多い病気です。

 

手足口病は、高い熱はあまり出ないようですが、口の中と手、足に発疹、水泡ができます。
手足口の中以外に肌の弱い部分にできる場合もあります。

 

比較的、2歳以下の子供がかかりやすい病気と言われてます。
息子は、5歳の幼稚園時に手足口病にかかりました。

 

手足口病の感染は、口からの飛沫感染と言われています。
流行している時には、手洗い、うがいに特に注意したいですね。

 

夏の病気としては、高熱が出なくて、軽いと思われがちですが、重症で入院する事もあるので注意が必要です。

 

 

 

手足口病に子供が体験

手足口病に5歳の時になったのですが、既に幼稚園で流行していました。

 

夏はプールがあるので、感染しやすい傾向にあるようです。

 

すぐに気がつくので、急いで病院に連れていきました。

 

手足口病に、感染してから3日〜5日で、口の中や手のひら、足などに水泡ができます。
水泡の大きさは、2o位だったと思います。潜伏期間は5日〜7日位とか先生に言われました。
特に塗り薬などのお薬はないので、ちょっと物足りない感じもします。

 

熱は平熱より少し高い、微熱程度でしたが、不快感が強く不機嫌でしたね。
口の中は、かなり痛かったようで、食事を摂りませんでした。
しゃべるのも嫌と言う感じだし、寝てるのも辛いと言ってました。

 

ゼリーやプリン、ヨーグルト類を購入しましたが、口をつけませんでした。

 

微熱があるので、水分だけは摂らせるようにしましたが・・。
進んで摂ると言う感じでは無く、しぶしぶ飲むと言う感じでした。

 

よく観ると舌にも発疹が出てたので、苦しかったでしょうね。

 

手と足の発疹は、口の中に比べたら楽のようですが、ヒリヒリして火傷のよう。
完治するのに1週間は、かかったと思います。

 

食べるようになったのは、手足口病とわかってから、3日位してからです。
トロトロに煮たおかゆや、ゼリーなどを少しづつ食べるようになりました。

 

味の濃いものや、熱いものは避けた方が良いです。刺激のあるものは特に注意です。
脱水症状が心配なので、水分は摂らすように絶えず注意が必要。

 

微熱があるし、夏場は汗をかくので、経口補水塩がお勧めと病院で言われました。

 

お風呂は、熱がなければOKとの事でしたが、熱が下がるまでは入れませんでした。
熱が下がったら、シャワーを浴びさせていました。

 

手足口病は、比較的、小さい子供の病気と言われていますが、大人にもうつる事があるそうです。
しかも、手足口病は1度かかったからOKと言うわけではないようです。
続けて2度感染する方もいらっしゃるようです。

 

手足口病は、出席停止では無いので、親の方も判断が難しいですね。
水泡が乾燥したら、登園しても大丈夫と言われましたが、1日余計に休んで登園させました。

 

 

 

手足口病と集団生活

手足口病は、保育園や幼稚園、小学校など学校で登校禁止の病気ではないんです。
その為、集団生活の中で、流行しやすいのだと思います。

 

手足口病に感染している子供との接触は、集団生活の中で避けられないものですものね。

 

比較的、軽いと思われている手足口病ですが、まれに脳や神経系の合併症をひきおこす事もあるそうです。
手足口病の合併症の危険もあり、入院など重症になるケースもあるそうです。

 

仕事を持っているお母さんは、子供が元気だと、つい早めに登園、登校しがちですが。
登校禁止の病気でない場合は、病院と相談して完治してから登校、登園させたいですね。

 

 

スポンサードリンク

手足口病に子供が体験関連エントリー

夏の胃に良い食品
猛暑が予想されるこの夏!冷たい食品ばかり食べていると胃に負担が生じますね。夏の栄養と食欲増進の工夫をして、厳しい暑さから健康に気をつけていきたいものです。野菜をタップリ凝縮させた料理やネバネバ食品、盛り付けの工夫で夏ばてを乗り越えましょう
夏バテ対策予防料理
猛暑が続くと夏ばて対策が必要になります。夏バテを予防するには、暑さから体力を守る食材が必要になりますね。夏バテの症状や原因なども考慮して体の異変に注意していきましょう!ネバネバ製品や豚肉、夏野菜など上手に利用して夏を乗り越えたいものです。
カビ対策で病気を防ぐ
湿気が多い時期には、カビ対策に力を入れ、注意が必要です。カビから発症するトリコスポロン菌を吸い込み、肺に重大な病気やカビを餌にするコナヒョウヒダニによるアレルギー反応のアナフィラキシニーショックなど危険な症状に至るケースが多いそうです。日頃から熱湯やカビ対策グッズを利用して、清潔を心がけていきたいものです。
夏の野菜の保存方法
猛暑が続く夏は、野菜の保存方法の見直しが大事ですね。特にこの夏は、節電を意識し生活をしていくので、昔ながらの野菜の保存方法を思い出して、暮らしに役立てたいものです。漬物や干し野菜(ドライ野菜)、冷凍やさいなどの備忘録です。
子供が野球で熱中症体験
子供の野球の練習での熱中症も、年々増加しているそうです。猛暑時、炎天下での運動量の考慮、正しい知識、熱中症時の正しい処置など、野球をする子供達、指導者、親が身につけて、野球の練習に取り組んでもらいたいものです。
はなまる熱中症情報
猛暑と節電の影響で、熱中症の方が多く搬送されているそうです。このような状況の中で、はなまるマーケットは、熱中症特集を放送してくれました。日頃から熱中症対策を心がけて暑さに乗り越えて過ごしていきたいものです。
ペットボトル症候群
猛暑が続く中、節電をこころがけ、熱中症が心配されると共に、ペットボトル症候群も注意が必要とされています。夏ばてとよく似た症状ですが、意外に知られていないので子供にも呼びかけていきたいですね。
野球での熱中症対策
野球場での熱中症対策には、水分補給だけでなく塩分も必要です。水分だけですと、血液の塩分濃度が低くなってしまい、熱中症の症状のひとつの熱性けいれんをおこしやすくなります。塩飴や梅干しなどの持参で注意が必要。
りんご病に子供が体験
りんご病は、春から初夏に多い子供に多い病気で、頬が赤くなる病気です。息子がりんご病にかかった時の体験やようすをまとめてみました。症状は様々かも知れませんが参考にどうぞ!