グリーン(緑)カーテンの効果

スポンサードリンク

グリーンカーテンの効果

日々の暮らしに役立つ情報を集めています。!
お得情報、観光情報、子供の過ごし方など毎日楽しく暮らしたいですね。


スポンサードリンク

グリーンカーテン(緑のカーテン)は、遮光性があるので、是非、節電の夏に備えたいですね。

 

グリーンカーテンの効果は、遮光性だけではなく、水分を含んでいるので
葉が熱くなると、葉から水蒸気が出るので、植物自体の温度が上がりにくいから!

 

すだれや、カーテンのように、熱を溜め込んで放射しないので、涼しいと言うわけですね。
確かに、すだれやカーテンも遮光効果はありますが、すだれやカーテン事体が熱くなってしまう。

 

グリーンカーテンって、見ただけで、癒され、涼を呼ぶ効果もあるそうです。
室内の温度が、1度〜4度は、低くなると言う効果がグリーンカーテンにはあるそうです。

 

夏野菜で、夏の栄養素の一つと言えば、ゴーヤですね。

 

ゴーヤ以外にも、アカザカズラ(オカワカメ)、パッションフルーツ、フウセンカズラ!
リュウキュウアサガオなどでもグリーンカーテンが作れるそうです。

 

特に、ゴーヤを育てるには、ネットを使用するので、あまり手をかけなくても大丈夫!
葉が大きいので、遮光性があり、夏の日差しをさえぎるのに適しているそうです。

 

つるになる性質を持つ、植物はグリーンカーテンになっちゃうって事ですね。

 

ゴーヤでグリーンカーテンを作る方法

■ゴーヤでグリーンカーテンを作る方法
◎種から育てる方法
▼時期
6月初旬

 

▼注意
1.ゴーヤは、発芽するのに時間が掛かるので、種のとがった部分にハサミで切る
2.一晩、水に浸してからまく
3.水につけた種は、発芽するまでポットで育てるのがベター
4.葉が5〜6枚んじなったら、プランターに移して育てる

 

◎苗から育てる方法
▼時期
7月初旬でも間に合う

 

▼注意
(プランター)
プランターを選ぶには、ベランダー窓1枚の大きさに合わせて選ぶ(75cm)
プランターの深さは、30p位がベスト(根が張るため)
上記の大きさのプランターの場合、苗は3株が適当。

 

(支柱)
2mの支柱を縦2本、横用に90cmの支柱を用意する

 

▼要点
ネットは、ピンと張るのがコツ!ゆるいとつるが絡みづらい。

 

 

 


夏が終わったらグリーンカーテンは?

グリーンカーテンは、夏の猛暑時は良いのですが・・!
夏が終わった後に、どうしたら良いのか・と言う疑問が、栽培する前からありました。

 

夏に楽しめて、実がなるゴーヤは、やっぱり育てていて楽しいですね。
グリーンカーテンを作る植物は、夏中に育ち、秋から冬に撤去できるものを選ぶのがポイント。

 

つるだらけの家をたまに見かけますが、年中育つ植物だと、冬場かなり辛そうです。
秋や冬に、グリーンカーテンがあると、まるっきり陽が入らなくて冷えた部屋に。

 

夏に育ち、秋から枯れる植物を選んだ場合、遅くても10月には、ネットを外して、ネットに絡んだツルを取ります。
ネットは、毎年使えるので、たたんでしまう。
ネットをはずした時に、ツルの一番下の根も一緒に取る。

 

支柱、プランターは、毎年使えるので洗って保管する。

 

雑草は、各地域のゴミの収集に合わせて出すようにする。

 

スポンサードリンク

グリーン(緑)カーテンの効果関連エントリー

地震!電気復旧火災防災グッズ
地震時の電気復旧による火災が多発!自動で電気のブレーカーを落としてくれるスイッチ断ボールと言う防災グッズが、ガリレオヒット脳研でランキング形式で紹介されていました。住民の方がたに迷惑をかけない為にも、各家庭で設置しておきたい防災グッズですね。
ガリレオヒット脳研防災グッズ
ガリレオヒット脳研防災グッズがランキング形式で紹介されていましたね。アイデア満載の防災グッズは、備えておくと大変便利な商品!備忘録もかねて、気になった商品を掲載してみました。
猛暑時のペット(兎)の対策グッズ
猛暑時のペット(兎)の対策グッズとして冷風機を購入してみた!冷却タンクが付いていて、冷凍庫で交互に冷やせるから便利!電気代も節電対策的だし、ペットもグターと今のところしてない♪